提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2006年04月30日

Webを見るときは「F」をなぞる

F理論

人はWebを見るときは「F」をなぞるらしい。
上記画像は232人の被験者を対象にそれを視覚化したものということです。

▼引用元サイト

GIGAZIN
ウェブページを見る目の動きは「F」パターン

F-Shaped Pattern For Reading Web Content (Jakob Nielsen's Alertbox)
http://www.useit.com/alertbox/reading_pattern.html

確かに納得のできる結果です。
自分もなんとなくそのように見ているという実感があります。

F理論
 ▲製品ページ       ▲検索結果ページ

さらにページのジャンルによる違いも分析しています。
上左図はネットショップ関係の商品紹介ページの場合。
上右図はGoogleの検索結果ページの場合。

製品ページの図を見ると、左のメニュー部分をとばしてメインコンテンツ部分をFの字で見ているのがわかります。ちょっと離れている右上の部分にも視線が注がれているのも注目できます。

1ページにメインの主張は2つまでと言えるかもしれません。
ここまででユーザーを引き込まないと続きは読んでもらえないということでしょうか。

検索結果の図も興味深いです。

いかに検索でトップ3に表示されるのが有効かが立証されているといえます。

悪くても5位までには表示されないと、上位に表示されたサイトで満足された場合には題名すら見てももらえなさそうです。

面白いのは右上のアドワーズ広告もちゃんと見ていることです。製品ページでもそうでしたが、ポツンと右にあるテキストは見てしまうということでしょうか?

結果をみれば想像の範疇をでないのですが、キチンと立証されると安心します。

今後のサイトデザインにいかしたいと思います。




sunafukinnouta at 21:28|TrackBack(1)ネット業界話 

トラックバックURL(Webを見るときは「F」をなぞる

???ε?????Υ???���??Х���?

1. ランディングページとSEOでこんなにも違う  [ 起業に+α ビジネスニュース!(資格取得+独立開業+ F1) ]   2006年10月22日 22:23
久しぶりにサイト制作についていろいろ考えていたところちょっと気になる調査結果を見つけた。 全くもってタイムリーなネタではなく、かつ当たり前といえば当たり前のことですが・・・。 いちお再確認というような情報なのでメモ。 「検索結果の順位の1位と2位の...
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳