提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2008年11月22日

紅葉と宮本武蔵

京都紅葉

京都へ紅葉を見に行きました。

実は私は昔から「宮本武蔵」(吉川英治小説)ファンなので、宮本武蔵ゆかりの地を訪ねながらの旅となりました。

一乗寺下り松
▲一乗寺下り松

知っている人には有名な、吉川一門との決戦の地「一乗寺下り松」です。すでに4代目の松らしいですが、場所は正確なようです。

武蔵お守り

決闘前に武蔵が寄ったと言われる八大神社でお守りを買いました。(写真参照)

お守りの左端に木の棒が入っていますが、当時の「一乗寺下り松」の一部だそうです。

※当時の古木が神社には展示してありました。その一部をお守り用に保存してあるそうです。

いろいろと疑わしいのですが、信じて大事にしたいと思います。
これで多くの敵と戦えるかもしれません。

武蔵の間
▲東寺

五重塔で有名な東寺では、決闘の後で武蔵が2年ほど隠れていた建物があり、そこに武蔵が描いたと言われる屏風絵があるというので見に行きました。

かなりの達筆らしいのですが、もう墨がうすくて分かりにくかったです。

その奥の武蔵もくつろいだという部屋で、茶菓子を頂きながら庭を眺めてきました。(写真参照)

当時に思い描きながら中庭を眺めていたのですが、静かに時間が流れている感じが京都らしくて心地よかったですね。

こういう旅も楽しいですね。
(紅葉も綺麗でしたよ)

sunafukinnouta at 17:54|Comments(3)TrackBack(0)プライペート 

トラックバックURL(紅葉と宮本武蔵

この記事へのコメント

1. Posted by にゃお   2008年11月27日 12:18
紅葉綺麗ですね♪
こちらでは香嵐渓が有名ですが・・・一度も行ったことがありません・・今はコミコミらしいですよ。
京都は☆日本☆らしさが感じられて良い所ですね♪
2. Posted by 長田@ハンズ   2008年11月27日 22:03
京都もすごい混みようでしたよ
3. Posted by 金子   2008年12月18日 12:20
この記事を読んで、吉川栄治の宮本武蔵を読み始めました。とてもおもしろいですね。

神奈川県秦野市に「陣屋」というお店があり、
そこに「吉岡一門と戦ったときの刀」が展示されています。信じ難いですが

最近、北方謙三の水滸伝、三国志と読んできて、何か男くさい小説をさがしているところ
宮本武蔵はよかったです。

この記事にコメントする(紅葉と宮本武蔵

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳