提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2009年08月01日

MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携

しばらく噂ばかりで実現しないかと思っていたマイクロソフトとヤフーの検索事業での提携が決まったようです。

MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携

日本ではヤフーの検索事業はシェアも大きくて非常に順調です。日本のインターネットユーザーの半分以上はヤフーからインターネット検索をしているようです。

しかし、海外ではグーグルのシェアが大きくてヤフーのシェアは日々少なくてなっているようで、収益的にも苦しい状況のようです。

また、マイクロソフトもインターネット検索事業では苦戦をしています。

そこで、マイクロソフトが膨大な資金力を背景にヤフーのインターネット事業を吸収してチャンスをつかみたいという意図のようです。

世界的に見れば、ヤフーとマイクロソフトが提携してもグーグルには遠く及びません。それでもマイクロソフトとしては自力でやるよりもチャンスが多いと考えたのでしょう。


ただし、日本だけは特殊でグーグルよりもヤフーの方が検索のシェアがずっと多く、収益的にも安定しています。

しかし、検索エンジンのシステムはアメリカヤフーのを利用して自社開発していた訳ではないので(独自のカスタマイズはしているようですが)、アメリカヤフーの方針に影響を受ける可能性が高いと思われます。

そもそも、さすがの日本のヤフーも独自で検索エンジンを開発してグーグルと張り合うのは難しいでしょうからどうするのかが疑問でしたが、一定の回答をしているようです。

Yahoo! JAPANでもMicrosoftの「Bing」導入を検討

まぁ、しかたないんでしょうね。

私御仁的には、検索エンジンの質としては、

グーグル > ヤフー > マイクロソフト

と感じていたので、マイクロソフトの検索エンジンをヤフーで使うとさらにシェアが下がる気がします。

日本では盲目的にヤフーのサービスを使う人が多いので、多少不便になってもそのまま使い続けるのかなぁ。と予測しています。

そうでなかったら、グーグルが登場したときに日本でもヤフーからグーグルにシェアが移動したはずですし。

つまり今後の問題として、ヤフーの検索エンジンがマイクロソフト製になったときに、そのアルゴリズムの違いから検索結果の順位が大きく変わる可能性があるということです。

日本ではヤフーのシェアが大きい分、影響をうけるサイト(会社)さんも多いと思われます。

もちろん弊社も例外ではありません。

Microsoftの検索エンジン「Bing」について大至急調査をしなくてはいけませんね。








sunafukinnouta at 17:59|Comments(0)TrackBack(0)SEO・SEM 

トラックバックURL(MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携

この記事にコメントする(MicrosoftとYahoo!が検索事業で提携

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳