提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2011年12月23日

Google Maps有料化【続き】

今までサイトにグーグルマップを利用して地図を表示していましたが、来年からは回数制限がついて超過すると課金されるようです。

この事は以前にもブログで紹介し、その後もいろいろ調べていましたが、どうやら確定事項で例外等もなさそうです。

■2011年10月30日ブログ Google Maps有料化
http://blog.hands-inc.co.jp/archives/52155196.html

■超過分の利用料金について
http://code.google.com/apis/maps/faq.html#usage_mapload

たとえば、(JS V2をご使用)だと、マップのロード数25000回を超える分については、1000回あたり$10が課金されます。しかし、最新のJS V3にアップデートすれば、1000回あたり$4に抑えることが可能です。

やっかいなのが、Google Mapsではセッション数の数がそのままカウントされてしまうので、マウスで拡大縮小、あるいはマウスで移動しただけでもカウントされてしまいます。※指摘されたので確認中です

心当たりのあるサイト運営者は、アクセス解析等で表示回数をチャックするとともに、利用しているバージョンもチェックしたほうがよさそうです。


今後は、そもそも利用しないとか、必要なユーザーにだけ表示するような仕組みを考える必要があるかもしれません。

しかし、google Maps はユーザー登録をしなくても使えてしまうのですが、どうやって課金をするつもりなんでしょうか?それも、予告なしに突然に請求するつもりなんでしょうか?

来年になったら、どうなっちゃうのか少し怖いですね。



sunafukinnouta at 23:00|Comments(2)TrackBack(0)ネット業界話 

トラックバックURL(Google Maps有料化【続き】

この記事へのコメント

1. Posted by Masashi.K   2011年12月24日 15:36
説明が間違えていますよ。Google Maps APIは、APIライブラリをロードした回数が25,000回を超えると課金されます。
拡大・縮小に関してはカウントされません。

英語のFAQに明記されています。
http://code.google.com/apis/maps/faq.html#usage_mapload
2. Posted by 長田   2011年12月24日 18:10
Masashi.K様。ご指摘ありがとうございます。
検索させて頂きましたが、google Maps の本も出されている有名な方なんですね。そんな方に、わざわざご指摘いただけて大変光栄です。
ご指摘のカウントのルールですが、人づてに Googele Maps の担当者の方にご確認いただいた内容だったのですが、情報の行違いがありそうですね。再度、確認してみます。

この記事にコメントする(Google Maps有料化【続き】

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳