提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2012年01月23日

検索順位別のクリック率

検索順位ごとのクリック率という気になるデータが公開されています。

■検索順位ごとのクリック率データ最新版 など10+2記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/01/13/11922

■SEO in Philadelphia
http://www.seoinphiladelphia.com/
http://www.seoinphiladelphia.com/wp-content/uploads/2011/09/ctr-data-ian-howells-sept-2011.pdf

▼データを抜粋
============================
順位 自然検索 検索連動広告
1位 15.08%  4.54%(クリック率)
2位 10.26%  1.79%
3位 7.32%  1.51%
4位 4.94%  1.17%
5位 4.95%  0.93%
6位 2.21%  0.77%
7位 2.04%  0.68%
8位 2.39%  0.54%
9位 1.45%  0.51%
10位 1.84%  0.57%
============================

昔見たデータですと上位3位以内にクリックが偏っていた(たしか7割程度)ように記憶しています。

そういう視点で比較すると、昔よりも上位以外の順位もクリックされるようになっているようです。特に1位が圧倒的にクリックされる傾向がなくなっているようです。

昔のように、主要キーワードは3位以内!
と目くじらをたてなくても良くなってきていますが、それでも3位と4位の差は大きいですね。

また、今回のデータで注目したいのが、PPC広告の1位が自然検索の5位程度のクリック率しかないという事です。

つまりPPCで1位になっても、自然検索で5位以内のサイトにはアクセスで負けているという事です。ざっくり言えば、PPCで1位になった時の3倍のアクセスが自然検索の1位のサイトにはあることになります。

とにかく、ちゃんと広告は広告として認識しているという事ですね。


ただ、今回のデータは米国でのリサーチでしょうから、日本では違う数値になる可能性も十分にあります。

しかし、それでも十分参考になります。

誰か日本限定で調査してくれないかな・・・





sunafukinnouta at 02:18|Comments(0)TrackBack(0)SEO・SEM 

トラックバックURL(検索順位別のクリック率

この記事にコメントする(検索順位別のクリック率

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳