提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2003年05月07日

有料で音楽をダウンロード

ちょっと前に、アメリカのApple が多種の会社と提携して

オンライン音楽サービス「iTunes Music Store」

を開始する。というニュースがありました。
これは、いままでと桁の違う楽曲数を用意して、
キチンと有料で音楽をダウンロードできるサービスを
提供する。というものです。
(1曲99セントらしいです)

なんて事のない話題のようですが、
音楽業界にとっては、大変な改革のようです。

いままでとまったく違う、販売ルートや料金設定ですから、
正直どうなるか分からないので、やりたくないでしょう。

しかし、
P2Pによる、違法コピーの蔓延するご時世ですから、
ネットによる音楽入手の手段を用意した方が、
正常な流れ(情報は有料であるという)に戻りやすいでしょう。

なんて思っていたら、今度は

「Appleの新サービス、1週間で100万曲以上販売」

とういニュースが流れてきました。
これは、正直驚かされました。

ネットユーザには、合法的な購入をする需要が確実に
存在することを表しています。

過去、いろいろな有料情報サービスが提供されてきましたが、
いまいちパッとしなかった気がします。

いよいよ、根底の意識が変わってきた兆しかもしれません。

ここで気になるのは、日本はどうなるか?
とうことですね。

そもそも、ユーザーの意識改革の前に、
楽曲提供側がそこまで踏み切れるかとう疑問があります。
日本では、ちょっと時間が掛かるかもしれません。
(もしかして、私が知らないだけですか?)

でも、1曲100円くらいで、
あらゆるシングルがダウンロードできたら、
私は結構利用すると思うし、
いろいろな音楽を楽しめて、生活も楽しくなりそうです。

なぜなら、レンタルに比べたらずっと楽ですし、
やっぱり、いろいろな音楽を聴きたいですからね。

で、このサービスが発展すると、
常時接続のご時世ですから、
PCがジュースボックス化する可能性が出てきます。

ユーザーの趣向を登録しておけば、
月間定額で、自動で音楽を抜粋してくれて、
ラジオのようになるかもしれません。

うーん、私が楽をしたいだけ?




sunafukinnouta at 13:48|Comments(0)TrackBack(0)旧編集後記 

トラックバックURL(有料で音楽をダウンロード

この記事にコメントする(有料で音楽をダウンロード

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳