提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

2017年11月23日

インド視察

42
11/21-26までインド視察に行ってきまいた。

海外視察は2年前にシンガポールに行ってから2年ぶりです。
今回、インドに行こうと思ったのは、弊社のホームページ作成アプリ「Crayon」を3月に24言語対応してから海外でのDLが増えてきているのですが、その中でもインドがDL数が多い国のひとつで、今後のマーケティング戦略を練る上で現地の様子を知っておきたいと思ったのがキッカケです。

20

インドは初めてで、生水とか気をつけないと病気になるとか脅されて行ってきました。
幸い変な病気はもらってきませんでしたが、食事のたびにドキドキで衛生面で整備されている日本がいかに素敵なのかを実感しました。

視察旅行の最初はニューデーリーで入国しました。事前に情報を得ていたのですが、ひどいスモッグで喉が痛いです。そこで、日本で粉塵用jのマスクを買って移動中はマスクをするようにしていました。

お陰で上記写真のようなとっても怪しい感じになっています。

スモッグの原因もいくつか聞きましたが、とにかく車が多くて渋滞しています。私はスモッグは排気ガスのせいだと感じました。とにかく3車線の道路を普通に5列で走ったりしているので普通の渋滞じゃないです。

20
▲HCL社にて

企業訪問は、1日はデリーで3社ほど訪問をさせていただき、その後、インドのシリコンバレーと言われるバンガロールで4社ほど話を聞くことができました。

お陰様で、インドビジネスの将来性や現状の問題点が若干ですが把握できたかと思います。

IMG_0369

現地の方に話を聞けたのも参考になりましたが、一番参考になったのは町の様子を実際に見れたことですね。

35
10

インドは13億人の人口があって、スマホ人口だけで3億にいるそうです(まだ、ほとんどガラケー)しかも、そのスマホ人口が急速に増えているということです。

たしかに、ニューデリーやバンガロールでは多くの方がスマホを使っています。車のカーナビもスマホを使っている感じで、町を歩いている人はスマホで音楽を聞いている人もよく見かけました。

ただ、商店というか小規模のお店なんかを見ると、まだまだ簡易的な建物で露店に近いビジネスをしている印象をうけます。なんというか、スマホでWebマーケティングをするなんて、ちょっと先かな。という感じでした。

ただ、インドは国の施策でスマホ決済を推し進めていたり、びっくりするスピードで変化をしているので、気づくとそんな状況がかわっているかも。とも感じました。


今回の視察は、とにかくカレーばかりを食べていて3日目くらいから辛かったのですが(移動の機内食までカレー)、他の同行メンバーはそれなりに他の担当していてので私が弱かったようです。

インドは定期的にWatchしてビジネスチャンスを掴みたいと思います。



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
sunafukinnouta at 16:31|Comments(0)旅行記 

この記事にコメントする(インド視察

名前:
URL:
  情報を記憶:
 
 
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳