提供サービス一覧 e-shops レンタルショッピングカート Crayon 会社概要

ホームページ紹介

2007年09月19日

静岡ナビっち

静岡ナビっち

最近、近所でみなれないパンフレットを発見しました。そこには聞いた事がない静岡県の地域ポータルサイトが紹介されていました。

■静岡県のクチコミタウン情報サイト
 静岡ナビっち(2007.4公開)


しかも裏をみると運営会社は三島市とありますので意外と近所です。

弊社も静岡県内のポータルサイトを運営しているので、類似サイトには注意を払っているつもりですが、まったく気づきませんでした。

さて、どんなサイトか調べてみると、サイトとしては非常に良くまとまっていて、いろいろな機能があるようです。

独自に開発してスタートしたばかりのサイトとしては完成度が高いなぁ。と思って調べていくと、どうやら栃木県の

■栃ナビ!
運営会社 株式会社 HitBit

というサイトのシステムを静岡県用にカスタマイズしたもののようです。

ホームページからはわかりませんが、FCかASP的に同様のシステムを利用している感じで自社開発したものではなさそうです。

「栃ナビ!」は月間1000万PVとありますから(広告募集ページには月間30万人とあるので??ですが)地元ではそれなりに知名度があって成功しているのかもしれません。

というわけで、実績のあるサイトがベースのなので静岡県でも同様にうまくいくかもしれません。


弊社運営の7年前にスタートした「静岡県ネット」は、ほとんど手間をかけていないので現在まで生き残っている感じですが、その間に多数の静岡県ポータルができては消えていくのを見てきました。

外から見た感想だと、単純に運営コストに見合う収益を上げれるかという問題を解決できないパターンがほとんどの気がします。

=============================================
ざっくりとした試算を紹介すると、ホームページの広告価値が「1円/10PV」とします。(サイトの特性によって前後しますが1例として)

すると、月の運営費+1人分の人件費+若干利益として最低、月50万円の売り上げが必要だとすると、月間に500万PVは必要ということになります。
=============================================

それでけのアクセスを集めるのも大変ですが、それに見合うスポンサーを探すのも案外大変です。(営業にもコストがかかるので)

また順調にサイトが成長しても、それだけの認知度をえるのには膨大な時間がかかりますので(もちろん告知戦略で解決できるかもしれませんが)、それまでのコスト負担に耐えられるかという問題もあります。

そもそも有益な情報サイトであっても、利用してもらえるとは限らないのがホームページで、その壁を突破する運営努力も必要です。


ネガティブな事ばかり書きましたが、弊社もまだまだ地域ポータルサイトの成功をあきらめた訳ではありません。

まずは自分たちが、その壁を突破できるように頑張りたいですね。


「静岡ナビっち」はうまくいくでしょうか?
ぜひ、成功してもらいたです。

・・・しかし、どんな方々が運営しているのだろうか?
一度、お会いしてみたいですね。
sunafukinnouta at 23:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月27日

Wikipedia と 2ch

Wikipedia

インターネットの特性を利用して、誰でも書き込める有名なサイトとして、
Wikipedia』『2ch』があります。

どちらも非常に沢山の方が書き込み、また閲覧しているサイトですが、大きな違いがあります。

Wikipedia は皆で公正なルールの元、信頼できるものを作っていこうという正義感のようなモラルのようなものに支えられている感じがします。

初めてWikipediaをみたときは、オフィシャルの辞書サイトかとさえ思ってしまいました。

逆に2chといえば、オフレコ的な情報や負の感情が集まった、なにか人には言えない遊び場のような後ろめたさがあります。

実際にトラブルの元になっているようです。

共に人間らしい側面がでている両極端な例で『面白いなぁ』と感じると共に、インターネットの本質を色濃く写している気がします。

現実にはネットの匿名性の高さは、2chよりになりがちでもあります。(日本特有という気も若干しますが)

なんて考えていたら、最近Wikipedia創設者がオープン性の難しさについて日本で語ったそうです。

Wikipedia創設者が来日

この中で「人を信じることが重要」との言葉があります。

なかなか匿名性の高いネットの中では言えない言葉でもあります。創立者の理念がこのサイトを支えていると感じます。

スパムメールやフィッシングサイトなど、ネットには人を信じられなくする要素が多数あります。

弊社のサイトも「人を信じて」運営していきたいのですが、ルール違反をする方が必ずいらっしゃいます。

そんな気にならないサイト作り。

成功の秘訣は案外こんなところにあるのかもしれません。

皆さんは「Wikipedia と 2ch」どちら派ですか?
sunafukinnouta at 01:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月25日

まぐまぐドロップシッピング

ドロップシッピング

まぐまぐがドロップシッピングをはじめたようです。

まぐまぐドロップシッピング

とはいえ、(株)もしもと共同ではじめた事業のようです。

ドロップシッピングは去年から日本でも始まった、新しいネットショップの形態ですが、アフィリエイトとの違いや利点が分かりにくく普及するかは微妙な感じがします。

まぐまぐは、メルマガ発行者にアフィリエイト広告のようなスタンスで、ドロッピシッピングの商品を紹介してもらおうという感じのようです。

ドロップシッピングは、その販売責任をもつことで価格設定の幅までも自由に設定できます。

メルマガ発行者がそこまでするか疑問がありますが、利益という形で成果がでれば利用者が増えるかもしれません。

まぐまぐとしても、流行のサービスだし試しにやってみよう。という感じかもしれませんね。

話題になるわりに普及の兆しのないドロップシッピングですが、このようないろいろな試みのなにかがキッカケになるのかもしれません。

基本的な理論は非常に良くできているので、弊社でもなんらかの形で提供したいと思うのですが、なかなか難しいですね。

もうしばらく、様子を見たいと思います。
sunafukinnouta at 17:28|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月24日

ライコス復活

lycos

ライコスが復活するそうです。

ライコスクリップ

1198年に、米ライコスの関連会社としてライコスジャパンとしてポータルサイトが公開しましたが、結局ポータルサイト競争に勝てずに、2002年に楽天傘下になって、そのままインフォシークに統合という形で消えてしまっていました。

その後に、米ライコスがいつの間にか韓国の会社の傘下になり、その関連会社にブランド利用権が移ったようです。

つまり、今回のライコス復活は楽天と関係のないみたいです。

新しいライコスは、独自のブログ機能と一体化した動画共有サイトで、動画とブログテキスト、静止画の投稿が画面遷移なく行えるのが特徴らしいです。

動画関連サイトは最近の流行ですが、ライコスのブランドを利用したからといってうまくいんくでしょうか?


sunafukinnouta at 23:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月10日

Second Lifeは面白い?

SecondLife

最近、ちょくちょく耳にするWebサービスに「Second Life」というのがあります。

Second Life

ロールプレインゲームのようにゲームの中の世界を自由にうごけるらしいのですが、目的がなくなんでもできるそうです。

面白いのだろうか?
などと思っていたら、日本では不人気だという記事がありました。

Second Life“不”人気、7つの理由

読んでみると大いに同意できる部分があります。

しかし、Webサービスはちょっとしたキッカケで大人気になることがあります。

しばらく様子を見たいと思います。
sunafukinnouta at 16:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年01月06日

eしずおかカレンダー

静岡県の情報サイトとして2007年1月1日より
  eしずおかカレンダー
が公開されています。(公開おめでとうございます!)

このサイトは静岡県のブログポータルサイトで、ブログを通して地域の方からさまざまな情報交換をしながら楽しんでもらうサイトのようです。

このサイトの運営会社の海野社長とは、時々情報交換がてら食事をさせていただくのですが、出版会社の社長としての枠を超えて様々な可能性を考えているので非常に勉強になります。

弊社も「静岡県ネット」という静岡県情報サイトを運営していますが、いまいち発展性に欠けるサイトになってしまっています。

形は違いますが、同じ静岡県情報サイトとしてお互いに刺激し合えるといいかもしれません。

新しい形の情報サイトとして発展していくのが楽しみですね。
sunafukinnouta at 18:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年06月12日

Internet Archive

最近、サイトのリニューアルを検討しています。
今までも何回か行っているのですが久しぶりに大きな変更を予定しています。

検討して中で今までどんなデザインにしていたか気になって、
歴代のデザインをチェックしてみました。
そんな訳で久しぶりに

Internet Archive Wayback Machine

を利用してみました。
このサイトは英語なのでなんのサイトか分かりにくいですが、サイトのURLを入力すると、そのサイトの過去に公開していた情報を確認できます。

検索してみると過去の使っていたさまざまなデザインが確認できて、かなり懐かしい感じがします。

大変便利なサービスですが、データを保存するのもかなり大変だと思われます。

よく無料で公開しているなぁ。
と関心するとともに、日本にはいういった面白便利サービスが少ないのが寂しく思います。(知らないだけかもしれませんが)

かといって自分で提供する気にもならないので、所詮同類って感じですが。

ついでなので、いろいろな有名サイトをチェックしてみます。

sunafukinnouta at 12:16|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年05月25日

Yahoo.com と Web2.0

久しぶりに、ヤフー米を見に行ったらすっかり感じが変わっていました。

Yahoo
 Yahoo.com


テスト的な一時的なものか分かりませんが、Ajax と思われる技術を使ったメニュー構成になっています。

ボタンのいくつかは、押すだけで一部分の表示が切り替わりますし、右上の Mail 等のメニューはマウスを乗せるだけで表示が切り替わります。

一番、面白いと思ったのは、左メニューの下のほうにある「All Yahoo! Services」とうボタンで、押すと左からサービス一覧がスライドして表示されます。

久しぶりに、こんなサイトを作ってみたいと思わせる気持ちが良いレイアウトと使い勝手です。

ついでなので、他の国のヤフーをみてみましたが(一部)アメリカだけのようです。

ユーザーの反応をみて戻ってしまうかもしれませんが、逆に日本のヤフーも同じような感じに変更になるかもしれません。

なにが自分の中でそんなにプラスに感じたのか、しばらくじっくり考えてみたいと思います。
sunafukinnouta at 23:43|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月02日

Google Maps Nighttime!

nighttime
Google Maps Nighttime!
http://www-static.cc.gatech.edu/~pesti/night/


Google Map API を利用した夜の地球マップサイトです。
日本は目だって明るいですね。

なんの役に立つか分かりませんが見ていて飽きません。
sunafukinnouta at 21:16|この記事のURLComments(0)
プロフィール
ハンズ

(株)ハンズ
従業員:連結31名

静岡県東部のネット企業
(新幹線三島駅徒歩17分)
サイト内検索
カスタム検索
最新記事
google 翻訳