自動運転

2021年08月01日 21:42

15年ぶりに車を買い替えました。
前の車はかなり気にっていて永遠に乗っていても良かったくらいなのですが、流石に調子が悪くなってきたので新車を買うことにしました。

実は数年前から次の車を探していたのですが、テーマは決まっていて次世代の技術である自動運転を実装した車がほしいと思っていました。

そこで、数年前からテスラや日産、メルセデスなどの各社の自動運転を試乗してきました。自動運転の段階としてはレベル2で、まだまだドライバーが前を向いてハンドル握って運転責任を持たなくてはならないのですが、ハンドル操作やアクセル、ブレーキ操作を自動でやれるようになってきています。

各社試乗して面白かったのは、自動運転の味付けというか運転のクセがかなり違います。
また、道路状況が悪くなると運転放棄してドライバーに交代を要求をするのですが、それが直感的かという点も各社で方向性が違います。

で、まだまだ買うほどのレベルじゃないなぁ。とずって思っていたのですが、昨年末くらいからやっとほしいと思える車が発売され始めました。

具体的には、スバルのレボーグに実装されたアイサイトXと日産スカイラインに実装されたプロパイロット2です。これらはついに手放し運転を可能(条件付き)にしていて試乗したときに感動をするレベルでした。

とくに、スバルの自動運転は非常に運転が上手です。自然な加速、減速をしますし、ハンドルを切るのも丁寧な印象です。他社は機械が慌てて動作しているような少し粗い運転の印象があるのですが、そういう感じがあまりありません。

※トヨタのレクサスとかホンダのレジェンドも、かなり進んでいますが少し特殊なので検討からは外しています。

スカイラインの高速道路完全手放しもすごいのですが、あまりにトランクが狭くて車としての必要な目的を果たせないので、今回はスバルのレボーグを買うことにしました。
(ちなみにスバルは完全手放しは高速で50キロ以下のときだけ)

注文は4月にしてあったのですが、やっと昨日納車されて今日は早速家族で出かけてみました。

正直、15年も間が開くと車の進化はすごいです。自動運転もすばらしいのですが、コックピットも写真の様にでかいスマホみたいな感じでゲーム機のようです。スピードメーターのところにナビが表示されるのも見やすくて便利です。

アイサイトはもともと安全装置がメインの機能ですので、今後の事故率をかなり軽減してくれる期待もあります。

まだ買ったばかりですがかなり気に入っています。
また10年くらい乗る車になるといいなと思っています。

記事一覧を見る