TV会議

2005年03月23日 13:57
カテゴリ:2005年

今日は初TV会議を体験しました。

先月ちょっと紹介した、来月から参加するNPO団体「FINO」の
定例会があったのですが、それば浜松と静岡でTV会議を通して
おこなわれました。

システムは目新しいものではないし、TV電話の豪華版みたいなもんだし、
さして感動する程の事はないと思っていたのですが、

やっぱり体験すると、いろいろ気づく点があったりします。

まず、誰が誰に発言しているのかが分かりにくい。
普通は発言者の方を向くので、その方がどこを向いているかで、
資料を読んでいるだけなのか、主に誰にメッセージを送っているのか、
自然に把握ができるので、議論の流れが出来やすいのですが、

モニターとスピーカーを通すと、その辺があいまいで、
全員が画面を見ているので、同じ会場でも互いに顔を向き合いません。
そのためか、なんか口を挟みにくい感じがします。
(この会の参加者は、そんな事を気にするタイプではないのですが・・)

次第と会の運営がきちっとしてれば、関係ないのでしょうが、
活発な議論を交わすのには、向いていない感じがしましたね。

そういえば、最近の大企業でも意外と使われていない。
という話を聞いたことがありますが、似たような理由かもしれません。

その他いろいろとシステム的にも、気づいた点があったのですが、
もしかしたら今後の参考になるかもしれません。

残念ながら、弊社ではとうぶん必要ないだろうなぁ。

記事一覧を見る